ファスティングするときの期間ってどのぐらい?

ひとたびダイエット期間を終了して、うまくいかなかったときはガッカリしますよね。

 

とくに置き換え食を食事のかわりに摂るファスティングダイエットは短い期間でガツンと痩せても、すぐにリバウンドしてしまう難しさがあります。今回はファスティングをして最も効果的な期間はどれくらいなのか調べてしました。果たしてどのくらいの期間がファスティングにはちょうど良いのか私も調べるのが楽しみです。

 

ファスティングダイエットをしようかなと考えている人は読んでみてくださいね!

 

■期間を設定する前に
ファスティングでプチ断食を行う場合、気をつけなくてはいけないのは食事を改善するよう真剣に取り組むことです。体が肥満状態であることは必要以上にエネルギーを入れすぎている状態です。つまり食べ過ぎです。

 

ですから、どのくらいファスティング期間を設けるか以前に普段何を食べているか、そして食事の質を今後どのように変えて行かなくてはいけないかを考えましょう。食事の質を変えるヒントを下に記してみました。

 

★栄養について考えるヒント
・必要な代謝量を計算する
・必要な栄養を確保する
・それらをどう日々食べていくか考える

 

栄養バランスを考えるのが難しいかたは、90歳の料理記者である岸朝子さんが提言している「主食以外に魚(もしくは肉)1、豆1、野菜と果物を合わせて5、それに牛乳1本と卵1コの割合で一日の食事をとること。」を参考にされてみてはいかがでしょうか。

 

肉は手のひらの大きさくらい、魚は1切れ、豆はお豆腐か納豆と覚えておけば、栄養バランスの良い献立が考えられます。また1という単位は小皿ひとつ分です。さらに詳しく知りたい人は厚生労働省の食事バランスガイドを見ることをおすすめします。

 

■効果的な(プチ)ファスティング期間

 

つぎに効果的なファスティング期間です。このブログでご紹介している断食法は、3食のうち1食を酵素ドリンクに置き換えるダイエット法です。やり方などについては「ファスティングの正しいやり方!成功するにはこんなコツがある!」を参考にしてみてください。

 

・リバウンドしにくい減量の限度は1月−3kgのため、逆算して行う。
・人血液を全てきれいなものに作り変えるには4ヶ月(120日間)かかる。

 

よくダイエットやスキンケアの本で「3ヶ月がんばりましょう。」と括られているは、こういった理由からなんですね。人間の細胞は日々代謝により新しいものが生まれ続けていて6年で全て入れ替わります。できれば日々良いものを食べ、良い影響を自分の体に与えていきたいものです。

 

これらの情報と個人の忍耐力(どこまで頑張れるか)と考えていくと皆さんおのずとダイエット期間は3ヶ月くらいかな?と思わないでしょうか?

 

それで次に頭にいれておきたい停滞期は1月目で体重が落ち、2ヶ月目で停滞期、3ヶ月目でまた体重落ちる。というサイクルになるので、2ヶ月目で体重が減らなくてもダイエット期間はあくまで続けるくらいの気持ちで挑みましょう。

 

忘れてはならないのは、ファスティング目的はあくまで出すものを出して、胃腸の調子を整え、体の機能を向上させることです。体重が減るよりも体調がよくなり例えばお通じがよくなるとか味覚がはっきりするとか、そういう感覚を楽しんで過ごしてみましょう。

 

■まとめ
私も去年甘いものを食べ過ぎてしまい(というか毎年食べ過ぎているような。)これはいけない!と思ったクチです。なのでひたすら栄養バランスを整える食事に苦心しています。

 

私は自炊派ですので時間さえ確保できれば作ることは難しくないですが、外食やお弁当が多い人はバランスの取れた食事にするのもひと工夫要ります。そのためにもまずは何を食べれば健康になれるのかゆっくり考えてみてくださいね。