ファスティングは水分補給がキモ!

毎日2Lは水を飲んだほうがいいと一度は耳にしたことあるかとは思いますが、いかがでしょうか。皆さんは毎日2L水分を摂っていますか?私はその昔この言葉通りに試してみたところお腹がチャプチャプして気分が悪くなったのでやっておりません。

 

でもファスティングにはいつもより多めの水分補給が良いという噂を聞き、ふだん私自身の体がそんなに多くの水を摂りたがらないのにファスティング期間中になると摂る水分量は多くなるのは無理があるのでは?と思い、今回はファスティングは水分補給がキモ!というわけで、ファスィングと水分の関係について調べてみました。

 

■人間の体に多くの水が必要な理由
毎日水を2Lも飲まなくてはいけないという言葉もよく耳にしますが、人間の体の70%は水でできているという言葉もよく聞きますよね!ご存知のように人間は新陳代謝という素晴らしい循環機能が備わっていて、食べ物や水をうまく体内に取り入れて分解し、必要な栄養を体内の組織へ運んだら食べかすや水分は排泄によって外に出せます。

 

成人の体内水分量は約60%で、細胞内液と細胞外液に分かれています。
そのうち細胞内液は細胞内の水分の総称で、体内水分の3分の2を占めます。残りの3分の1は血液やリンパ液、細胞間液になりますが、体に取り込んだ栄養や老廃物を運ぶ重要な役割を果たしている血液のほとんどは血漿(血球を取り除いた液体)でできており、血漿の90%は水でできています。

 

すべての血液は腎臓でろ過され、不要な老廃物は尿や汗から排出できるようになっている機能を持ち合わせていますが、水分による体温調節もしています。

 

すべての栄養は血液によって運ばれますので、その血液の流れをスムーズにさせる「水」
を適量飲んでおくことが必要です。

 

1日の排泄物は1.3Lほどの尿と200gほどの大便ですから、減った分の水分や食料量は体が自然と欲しがるようになっているので、水が欲しい時には飲むようにと言われるのにはそういった背景があります。

 

■では、なぜ2Lも水分が必要なのでしょうか?
実は体から排出される水分には大便の200Lと汗や自然と蒸発される水分900mlも含まれているからです。尿1300ml+大便200ml+汗900ml=2400mlくらい失われる計算となるので、仮に1日2000キロカロリー分の食事をすれば固形物からの800mlと、それに味噌汁150ml一杯とお茶を食後に一杯ずつ、午前午後にコーヒー1杯飲めば1500mlほどになるのですが、それらを合わせると(800+1500=2300ml)くらいになります。

 

★水分は2L必要だが、食事と合わせて2Lくらいです。
水だけを2L摂るという意味ではないのです!!

 

Σ(゚д゚lll)知らなかった!!味噌汁外したら1Lくらいだから、
そりゃー2L飲んだらむくんだり、お腹チャプチャプになるのは至極当然。

 

■ファスティングには水分多めに摂ることが必要なわけ
ここまで話がくるともうハッキリとお分かりになるかと思いますが、ファスティング中は「食事から摂る水分がとれない」為、食事を抜かした分水を補わなければならなりません。味噌汁と食事分で410mlくらいプラスして飲みましょう。

 

但し、スポーツ時には30分おきに一口ずつ水分を補い、終了後減った体重分水分をとったほうがいいということです。確かにスポーツで大量に減った汗を補わないとあんまり体にはよくないし、減ったのが水分なのか脂肪なのか分からないですからね。

 

■まとめ
今回調べてみてわかったのは、1日2Lは食事の水分量も含まれているので忘れずにということでした。味噌汁を外し、必要なのはたった1L。案外このカラクリに引っかかって私と同じようにお腹チャプチャプになって調子が出ない人は多いのではと思います。(あの苦労は一体なんだったの。)これからは適量水分を摂って健康にお過ごしください。