ファスティング中に食べていいものはどんなもの?

家を一歩出れば食べ物屋さんが軒を連ね、漂う香りについ足がそっちを向いてしまいます。ファスティング中の皆さん!こんにちは!ファスティングと言えば空腹との戦いですが、戦況はいかがでしょうか。食べていいものと食べてはいけないものがあるから時々これはどうなのかな?と迷ってしまいますよね。

 

そこで今回はファスティング中に食べていいものと、逆に食べると太りやすくなる食品などをご紹介していきたいと思います。ファスティング期間中に食べていいものはどんなもなのか気になる人はチェックしてみてください!

 

■ファスティング中に食べていいものは基本消化のいい食材
このブログで紹介しているのは3食のうち1食を外すファスティング方法です。
ダイエットルールは以下の通りです。

 

・1日1食以上栄養上の理由から置き換えない。(朝食または昼食に酵素ドリンクに置き換える)
・2食は栄養の行き届いた食事をする。(ごはん、野菜の入った味噌汁、魚、漬物程度でOKです。おかずは作り過ぎないようにしましょう。)
・間食は控える。
・加糖ドリンクは控える。
・断食期間中は運動を控える。
・お酒やタバコは控える。
・食べたものはレコーディングする。(ノートに書く)

 

★栄養の行き届いた食事に消化の良い食材を加えて行こう!

 

私料理できないし、自炊もしないから難しいかな。という方は上に書いてある、ごはんを茶碗に1杯、野菜のたくさん入った味噌汁、魚1切れ(または肉手のひら1個分)、漬物くらいで摂取カロリー目安の500キロカロリーになります。
これに牛乳小さいパック1個分、卵1つ、豆料理(納豆かお豆腐)1つ、フルーツ一人分(みかんなら2、3個バナナなら1本、キウイなら1.5個分を加えて調度いいくらいです。

 

ファスティング中はごはんの量が多い丼物やラーメンやパスタなどの炭水貨物系の料理は控えたほうがいいです。なぜならパスタ1皿800キロカロリーほどで、そのほとんどが麺だったりお米だったりするからです。たくさんの食材をちょっとずつ摂るイメージです。

 

また、揚げ物や脂質が多いお肉をガッツリ食べてしまうのも危険です。肉は手のひら1個分(70g)で適量です。それに豚肉100gあたり250キロカロリーほどですので肉を増やせば他の栄養が取れなくなるかカロリーオーバーになります。

 

・お菓子などの間食、清涼飲料水、お酒やタバコも弾みで飲んだり食べたりしすぎてしまうので、せめてファスティング期間中にはストップするくらいの気持ちで挑んだほうが良いです。

 

・では消化の良いものとはどんなものなのでしょうか?
胃や腸の刺激にならないもの、かつ胃の滞留時間が短く食物繊維が少ないものです。代表されるのは、おかゆとかうどん、そば、などの柔らかい穀類です。野菜も大根、キャベツ、かぼちゃ、人参、白菜、イモ類、ほうれん草などの柔らかくて汁をたっぷり吸うものが好ましいです。基本的に見た目が筋張っておらず柔らかい食感の野菜なら大丈夫です。逆に消化に悪いのは根菜ではごぼう、レンコン、タケノコ、オクラ、きのこ、です。

 

また加工食品やマーガリン、なども胃には悪いですから、極力控えたほうが良いかもしれません。そして味付けはあっさり、塩と砂糖を控えめにということなので和食がおすすめになります。定食屋さんでならこのような食事もチョイスできるから外食先で迷うなら、定食屋さんにレッツゴー!です。(そしてカツ定食などを頼まないように。私はこれで失敗しました^^;)