ファスティング中に頭痛になってしまうのはどうしてなのか?

細身の女性は頭痛持ちが多いなと思いますが、ちょっと前に調べたところ細身の体の女性は頭を支える骨や筋肉が弱く、頭部が不安定になりやすく緊張性頭痛が起こるらしいです。頭痛もいろいろと種類があり、ちょっと何かあればすぐに頭痛を感じるようになっています。
体の痛みを体から発せられるクラクションと捉えるのならいち早く脳に反応をよこせばい自覚しやすいのですから、なるほど人間って良く出来ているなぁと感心してしまいます。

 

さて、今日のお題もファスティングについてです。
一時的でも栄養不足のファスティング中は頭痛だけとは限らず体に痛みが生じるのも納得できますよね。さて今回はファスティング中に頭痛になる理由などを調べてみました。現在ファスティング中で頭痛に困っている人は参考までに読んでみてくださいね。

 

■ファスティング中に頭痛になる原因

 

このブログでは3食のうち1食を青汁に置き換えるプチファスティングのやり方を紹介しています。それは無理なく減量でき3ヶ月で9kgも痩せられるダイエットプランで体への負担もそこまでないからです。だから体へ急激な変化を起こさせないから頭痛もこのファスティングを実施したときは起きにくいとは思います。

 

ですが、念のため挙げるとしたら以下の可能性があります。
1. 糖不足で頭痛が起きている
糖は全身のエネルギー源で車でいうガソリンです。どんなに良い栄養があったとしても臓器が動かないと細部まで栄養は行き届きません。あまいものへの依存度が高い人は制限中の反応は大きくでますので、頭痛として症状が現れます。

 

2. ケトン体が働きすぎている
体内で糖が不足すると肝臓からケトン体という糖のかわりになる成分でうまく補おうとします。これが血中を酸性に傾けるのですが、人間の体は酸性になると頭痛や吐き気をよもおすようになります。また糖が不足したことにより自律神経も乱れイライラしたり不安になりやすいですからそれもまた頭痛を増長させています。

 

その他考えられるのはファスティング中の好転反応などですが、頭痛を改善する方法は「血糖値を安定させること」です。

 

前項「栄養失調になりやすいファスティングの注意点」でも紹介しました文章を引用します。
糖というやつは厄介かつ必要な存在で、多すぎたら糖尿病、少なければ低血糖症になります。通常血中の糖は膵臓のなかのインスリンという成分で血液を作り出す肝臓や、筋肉などに送られます。つまり言い換えるとインスリンにより血糖値は均衡を保っているということになります。

 

低血糖は血糖値が増減することにより一定だったインスリンの分泌に異常がでている状態です。ここまでいくには炭水貨物を制限する糖質ダイエットなどでは起こりやすいといえますが、食事で2回分からから炭水貨物(糖)を充分補っていますので、1食置き換える分には頭痛にはなりにくいと考えるのは自然です。

 

万が一頭痛を感じたら血圧の上昇がゆるやかなハチミツを舐めて見ても良いかもしれません。最初にも述べたように頭痛の種類いろいろとあり、ファスティングが原因かどうかなんて素人目には分からないこともあります。

 

ですので、頭痛を我慢できなかった場合、すぐさまファスティングを中止し、いつも通りの食事に戻してみてください。(1食置き換える分にはすぐに戻しても構わないと言われています。)それでももし、頭痛が治まらなければすぐに病院へ行きましょう。何科に掛かりつけるは病院に判断してもらえば良いと思います。

 

頭は怖いものがありますのでたかが頭痛と放置しないように!